説明をする女医

低用量ピルとして販売されている製品のうち、日本の女性に特に人気がある製品となっているのが「トリキュラー」と呼ばれる製品ですが、この製品に人気が集まっているのはなぜなのでしょうか。
トリキュラーに人気が集まる理由としてまず考えられるのは、他の低用量ピルと比べて身体への負担が少ないことです。
トリキュラーは低用量ピルの中では三相性ピルに分類される製品の一つで、1シートにおいて卵胞ホルモン剤と黄体ホルモン剤の含有量が3段階に分かれています。
女性のホルモンバランスは日ごとに変化するため、それにあわせて錠剤を飲めるように含有量を調整することで、不正出血や消退出血が起こるリスクを少なくしながら、避妊効果を得ることが可能になっています。
三相性ピルを利用して避妊する場合は正しい順番で錠剤を服用しなければ、避妊効果が減少したり、副作用の症状が出るリスクが高まりますが、現在製造されているトリキュラーはすべて、錠剤を服用する順番がシートを見ればわかるようになっているため、デメリットを意識することなく飲み続けていくことが可能です。
トリキュラーは、錠剤の飲み間違いについての対策だけでなく、飲み忘れに対する配慮もなされており、これも人気を集めている理由といえます。
低用量ピルは、生理初日から21日間は毎日服用し、翌日から7日間は休薬するというサイクルで使用するのが一般的ですが、使用者の中には休薬期間を勘違いして、次のシートの1錠目を飲み始める日が本来飲み始める日より前後してしまうことがあります。
トリキュラーではこのようなことが起きるのが心配な人のために、本来服用する21錠に加えて、偽薬7錠分を加えた28錠で1シート分となっているタイプも販売しています。
28錠タイプであれば、1シート分の服用をすべて終えたら、翌日から次のシートの錠剤を服用していけば良いため、スケジュール管理が楽になります。